保険料を安く抑えたいなら対面型と通販型のどっちを選ぶべき?

保険料を抑えたいなら絶対通販型

とにかく保険料を抑えたいと考えるのであれば、絶対に通販型自動車保険が有利になります。これはかかっているコストを考えればわかることであり、対面型はどうしても通販型よりも安く済ませることはできません。対面型は直接保険の専門家に相談をしながら手続きを進めていくことができますが、そこに人がいるということは人件費がかかることになりますし、事務所があれば家賃なども発生します。それらの費用は保険料に転嫁をされることになりますから、人件費や家賃が必要のない通販型の自動車保険に保険料で勝つことはできないのです。もちろん、保険会社によっても保険料は違いますから、対面型と通販型の価格差が少ないこともあるかもしれませんが、それでも安さだけなら通販型に軍配があがります。

保険のことがよくわからないなら対面型の方が良いことも

単純な金額の比較であれば通販型の方が有利ですが、保険のことをよく理解できていないのであれば、対面型のほうが良いこともあります。保険のことがよくわかっていないので、不安になって不必要な特約までつけてしまっては必要十分な補償を備えた対面型よりも高くついてしまうこともありますし、わからないことを調べる手間暇を考えると専門家にアドバイスをしてもらったほうが良かったというケースも少なくありません。通販型の方が安く済むのは紛れもない事実ですが、何倍も変わってくるというものでもありませんから、安心料や余計な手間暇をかけなくて済むという面では、対面型の方が安いものだと思える人もいます。どちらにするか迷った時には、価格差を考慮してそれだけの価値があるかどうかで判断をするのが良いでしょう。